子供の安全対策にGPSを導入

子供の安全対策に適しているのは、スマートフォンよりも専用のGPSです。スマートフォンは現在使っているものをそのまま利用できるのが大きなメリットですが、機能面で特化している専用商品の方がかゆいところに手が届く仕様になっています。選び方のポイントはいくつかあり、子供がいざという時に親に危険を知らせることができるように、発信ボタンは押しやすいものでなければなりません。ほとんどのGPSはもっとも押しやすい位置にボタンがついていて、瞬時に押せるようになっています。

小型であることもポイントの一つです。そもそもGPSは小さめに作られていますが、子供にとっては軽量でランドセルに入れておいても邪魔にならないことが重要になります。ささいな差であっても毎日持ち歩くとなると気になりますので、できるだけ小型で軽量のものを選ぶことが大切です。衝撃に強くて防水になっていること、壊れた時に保証によって無料あるいは安価に交換できることも気を付けて見ておきたいポイントです。

機種には本体の買い切りタイプと月額料金プラス本体価格の設定になっているパターンがあり、買い切りタイプでも実際にはGPSを買い取るわけではなくて、一定期間の間にGPSを使い続けることで2年とか3年が経過した後に返却せずに済みます。最終的には使用期限内での総支払額が安くなることが多いので、割安感を求める場合にはこちらのパターンがお勧めです。まず本体を購入して、見守りサービスを利用するために月額料金を支払うタイプは、短期間の利用に向いています。子供服の小物のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です