子供の安全を守るGPS

共働きで子供が学校から帰宅後にひとりで過ごしたり、友だちの家に遊びに行ったり塾や習い事に行く家庭も増えています。子供は登下校や外出など一人になる場面は多く、危険を感じることもあるでしょう。そんなときは、GPS機能を使えば、遠くにいるときでも子供の居場所を確認することができて安心です。GPSは専用の衛星を活用して、位置情報を把握して本体に情報を送信します。

確認したい場所を事前登録しておけば自動通知してくれるので、いちいちスマホなどで位置を確認しなくても大丈夫。たとえば学校や塾、習い事など決まった場所に通うなら、そのエリアに入ると保護者などの登録スマホに通知が届く仕組みです。子供が自分で本体のボタンを押せば、保護者などのスマホに現在位置を通知してくれる機能もあります。万が一のときや緊急事態にあったときなどにボタンを押せば、保護者にSOSを知らせて位置を知らせることができるのです。

ただしついうっかり押してしまったりすると保護者は慌ててしまうので、ボタンを押すときのルールは親子間できちんと決めておきましょう。過去の移動履歴を確認することもできるので、たとえば塾の行きかえりの寄り道が心配な保護者には有効です。履歴が記録される期間は決まっているので、履歴が残っている間に確認するようにしましょう。GPSはいろいろな会社から発売されていますが、本体価格や初期手数料、月々の利用料はそれぞれです。

また大きさや重さ、SOSボタンの有無、通知エリアの登録件数などもチェックして、子供に合ったものを選びましょう。キッズのオーバーオールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です