子供にGPSを持たせる必要性

共働きの世代が半数を占めるようになったことで、子供が1人で遊びや習い事に行くのが当たり前になりました。昔は、地域全体で子供を見守るというのが当たり前でしたが働く親が増えたことで見守る目が減っています。幼い子供が1人で行動すると、親としては何かないか心配です。そんな、保護者の不安を取り除くために持たせるべきなのがGPSになります。

GPSは、衛星を利用して位置情報を特定できるのです。塾や外で遊ぶ場合、親の目の届かないところにいる子供の位置情報を把握できます。迷子の防止や留守の見守りに活用できるので今こそ持たせておきたいのがGPSです。子供が成長すると、1人で出かける時間も増えてきます。

共働きの両親が、出かけていく我が子の行動範囲を知るのも難しくなります。どこで何をしているのか心配なときにGPSを持たせておけば、今いる場所が特定できるのです。また、機能は位置情報の確定だけではありません。過去の履歴によって、治安の悪い場所に立ち寄っていないかや寄り道していないかを後から確認できます。

他にも、通話応答機能や家族が警備会社へSOSを発信できる危険通知機能といったサービスもあります。このようなサービスを活用することで、犯罪を未然に防ぐことができるのです。13歳未満の子を狙った犯罪被害は増えてきており、特に少人数になる下校時間に集中しています。自分の子が被害者にならないためにも、日ごろから防犯教育は大切です。

女の子の子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です